循環型生産システムの「洗わんでよかばい」包材・パッケージを一新

株式会社坂本食糧はSDGs(持続可能な開発目標)に取組んでいます。

循環型生産システムの「洗わんでよかばい」包材・パッケージを一新!

~ 持続可能な環境問題を考えたパッケージに変更 ~

株式会社坂本食糧は循環型生産システㇺ「洗わんでよかばい」シリーズのパッケージに環境を考えたバイオマス原料を使用したフイルム、インキ、ラミネート接着剤加工パッケージに一新する。坂本食糧「完全循環型生産システム」の無洗米は研がずに炊けるので節水になりさらにとぎ汁が出ないので河川の汚染防止になり地球環境にやさしい製品です。
7月1日より順次発売予定です。(*1)

新パッケージ一例

順次発売予定( 森のくまさん 阿蘇こしひかり )

完全循環型生産システムとは

ライセンスマーク

バイオマスフイルムとは

業界初のバイオマス原料を使用した包装用ナイロンフイルム、東洋紡株式会社「バイオプラーナ」を「洗わんでよかばい」に採用することにより環境負荷の低減に貢献します。

ライスインキとは

廃棄される非食用米ぬかが原料、一般インキに比べCO2排出量大幅削減で環境負荷の低減。米袋又、グラビア裏刷インキでは「洗わんでよかばい」が九州初の採用です。

バイオマス接着剤

東洋インキ株式会社のバイオマス度10%のラミネート接着剤を使用しています。
「洗わんでよかばい」に採用することで環境に優しいパッケージと「エシカルな消費」でサステナブルなライフスタイルを応援しま
す。

洗わんでよかばいシリーズに関連するSDGs9つの目標に寄与しています。

坂本食糧の環境問題を考えた積極的な活動

完全循環型生産システム

カーボンニュートラル

バイオマス、ライスインキ ライセンスマーク

植物由来の資源(バイオマス)を利用して、品質及び安全性が関連法規、基準、規格等に合っている商品を認定している。

植物は太陽光をエネルギーとした光合成により大気中のCO²を吸収して成長するので、植物由来原料を製品化した製品

(バイオマスプラスチックや合成繊維、印刷インキ等は)燃やしても大気中のCO²を増加させません。(*カーボンニュートラル)

バイオマスマーク、ライスインキマーク認定商品は安全で循環型社会の形成に貢献し、地球温暖化防止に役立っています。